事業紹介

ライフサイエンス機器に関するプロジェクトの企画及び実施

テーマ
分注バリデーション・ソリューションシステム
参加企業
アイカムス・ラボ、イグノス、ナノソフト
概要
システムは無線通信ピペット「pipetty-Pro」とカメラと照明で構成され、ウエルプレートとピペットチップの先端を撮影して画像処理で位置を認識し、予めプログラムしたウエルと違う位置に分注しようとしても液が出ない、高い信頼性の実験を実現した。
ライフサイエンス機器に関するプロジェクトの企画及び実施

テーマ
液滴計測システム
参加企業
TOLIMS、アイカムス・ラボ、イグノス
概要
従来ピペットの精度は電子天秤で測定する方法のため、蒸発の影響で精度が悪かったが、本システムではチップから液滴が落ちる瞬間をカメラで撮影して、画像処理により液滴の体積を計算することにより、蒸発の影響が無く高精度に液量を計測して、自動でキャリブレーションを可能とした。
液滴計測システム
装置構成

ライフサイエンス機器に関するカンファレンスの開催

3回/年程度TOLICカンファレンスを開催しています。ライフサイエンス分野の最先端の研究者をお呼びして講演していただいたり、地元企業の開発製品等を紹介しており、多数の高校生や大学生、産学官金の関係者が参加して、活発に交流しています。

TOLICカンファレンス
TOLICカンファレンス
TOLICカンファレンス
TOLICカンファレンス

ライフサイエンス機器に関する学会及び展示会への参加

国内外の展示会にTOLICとして積極的に参加出展しています。特に、毎年11月ドイツで開催される世界最大の医療機器展MEDICAには2015年から5年間継続して出展しており、2019年には19名の説明員が出張して営業することで、多くの海外顧客獲得に結びついています。

MEDICA(2015年)
MEDICA(2015年)
MEICA(2019年)
MEICA(2019年)

ライフサイエンス機器に関する競争的資金の獲得

経済産業省 平成26年度戦略的基盤技術高度化支援事業

テーマ
画像処理による吐出液滴測定を用いたバリデーション・マイクロ分注システム
研究機関
アイカムス・ラボ、イグノス、岩手大学
概要
分注装置から吐出する液滴をカメラで撮影し、液滴の体積を画像処理でアルタイムで計算して液量を測定することで、信頼性の高い分析を可能とした。
バリデーション・マイクロ分注システム

経済産業省 平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業」

テーマ
低侵襲に子宮内膜症の悪性化を評価できる光学経膣プローブの開発
研究機関
セルスペクト、イグノス
概要
光学的センサーを実装した経膣エコープローブを研究開発することで、子宮内膜症を手術することなく非侵襲で診断を可能とした。
子宮内膜症性腫瘍
子宮内膜症性腫瘍
EAOC悪性
EAOC
悪性
Endometriotic Cyst良性
Endometriotic Cyst
良性

次世代のライフサイエンス機器産業を担う人材の育成

TOLICカンファレンスには、大人に混じって地元の高校生が多数参加しています。 2019年MEDICA出展の際は、会員を中心に寄付を募り旅費を半額補助することで、地元高校生2名を現地に派遣しました。わずか1週間の滞在でしたが、高校生たちの目覚ましい活躍と成長は目を見張るものでした。

MEDICA(2015年)
MEDICA(2015年)
MEICA(2019年)
MEICA(2019年)